ディスパッチャーの航空気象情報

運航管理者が航空に関する気象情報サイトを集めました。 フライト前に天気チェックに。ディスパッチャーになりたい人に。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
那覇空港の管制官が居眠り 無線に応答せず、貨物2便に遅れ 
http://www.chunichi.co.jp/s/article/2011091390213044.html

国土交通省は、那覇空港で13日未明、夜勤中の50代の男性主幹管制官が居眠りし、全日空の貨物便2機からの無線の呼び出しに12分間応答せず、2機に最大17分の遅れが出たと発表した。
 国交省によると、管制官は13日午前3時15分、空港の南約22キロを飛行中のバンコク発の便からの着陸許可を求める無線に応答しなかった。この便は那覇市内の別の管制所に連絡し、上空で待機。この1分後、離陸前に飛行計画の承認を得ようとした上海行きの便からの無線呼び出しにも、応答しなかった。
 男性管制官は12日深夜から女性管制官と2人態勢で勤務。女性管制官が席を外していた13日午前3時からの25分間に居眠りした。男性管制官は「うとうとしていた」と話しているという。
 管制官の居眠りは今春、米国で相次いで発覚しているが、国交省担当者は「国内では記憶にない」と話す。
 9日に羽田空港の管制官が米大統領専用機の飛行計画をブログに掲載したことが発覚したばかり。担当者は「不祥事が続き大変申し訳ない。再発防止を徹底する」と話した。
(中日新聞)



 不祥事が続くと、報道が大きくなるのがニッポン。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://wxdisp.blog113.fc2.com/tb.php/88-b10347f4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。