ディスパッチャーの航空気象情報

運航管理者が航空に関する気象情報サイトを集めました。 フライト前に天気チェックに。ディスパッチャーになりたい人に。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
航空に関する気象のページを集めたページ

ディスパッチャーの天気予報

をつくりました。

ぜひ、そちらをご覧ください。
スポンサーサイト
梅雨前線の活動が弱まり、連休初日は広い範囲で日中晴れ間が出る。
ただ、上空には寒気が残るため、午後は北・東日本を中心に、にわか雨や雷雨が起こりやすい。
お出かけ先での天気の急変に注意を。
また、自分のいる場所で雨が降っていなくても、急に川が増水することもあるので、川遊びなどは、特に注意が必要。
気温は、全国的に朝から高く、日中は30度を超える所がほとんど。
熱中症対策はしっかりと。


by 天気のツボ


連休初日です。
遊びましょう。
遊んで日本が元気にしよう。
どっかの政治家風かよっ


天気・気象学のホームページをチェック
梅雨前線は、東北北部に停滞する。
前線の南側では、高気圧の縁をまわって、暖かく湿った空気が流れ込み、大気の状態が不安定。
このため、東北から九州にかけては、変わりやすい天気で、にわか雨や雷雨が起こりやすく、特に、山沿いを中心に、局地的な大雨になるおそれ。
北海道や沖縄、15日に梅雨明けした奄美では、だいたい晴れる。
日中の気温は、広く30度前後まで上がり、蒸し暑さが続く。


by 天気のツボ


日本中、いろいろなところで局地的な大雨になってますね。
大変です。


天気・気象学のホームページをチェック
引き続き、梅雨前線は東北から九州北部に停滞し、東・西日本の広い範囲で、激しい雷雨となり、大雨のおそれ。
特に、西日本では、これまでの雨で地盤がゆるんでいるため、少しの雨でも土砂災害が起こりやすく、河川の増水・はん濫、低い土地の浸水と合わせて厳重な警戒を。
東北も、雨が降りやすく、南部を中心に雷を伴って雨脚が強まる所も。
日差しの出る関東でも、午後は、にわか雨や雷雨に注意。


by 天気のツボ


週末の休みは、晴れそうですね。
休みが待ち遠しい。


天気・気象学のホームページをチェック

梅雨前線は日本海へと北上し、梅雨末期の大雨パターン。
東・西日本の各地で、雷を伴った激しい雨のおそれがあり、これまでに大雨となっている九州北部を中心に土砂災害の危険性が高まる。
崖崩れや低い土地への浸水、河川の増水・はん濫に厳重な警戒が必要。
東北も雨が降りやすく、前線上の低気圧が近づく夜は、日本海側で激しく降る所もありそう。
北海道で崩れるのは夜遅くなってからで、沖縄は夏空が広がる。


by 天気のツボ





天気・気象学のホームページをチェック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。